お金のこと

坪単価に騙されるな!の話

//
もしかして
「坪単価いくらですか?」
って質問しちゃってます?
\\

見学会や住宅公園において1番多い質問が「坪単価いくらですか?」だと思います。(山梨家づくり新聞調べ笑)

やっぱり気になりますよね?坪単価!

僕はよく覆面捜査官として完成見学会などに参加しているのですが(笑)、一応「坪単価いくらですか?」と質問してみます(笑)。

坪単価ってわかりやすい指標だと思うんですよね。大体この会社ではいくらくらいで家が建つのか知りたいですもんね。

でも本当に知りたいのはトータルいくらかじゃないですか?坪単価を聞いてもトータルの予算は残念ながらわかないのです。



実は・・・
坪単価の定義が
会社によって全然違う

そうなんです!誰もが使っている「坪単価いくらですか?」はわかりやすい指標のようで会社によって定義が違うので当てにならないのです!

で、正直な会社ほど高くなっちゃうんですよね・・・。



なぜ
坪単価が
当てにならないのか

そもそも本体価格÷延床面積=坪単価が一般的なのですが・・・



坪単価には
明確なルールが
存在しない

え?と思われたかもしれませんが、坪単価のルールが曖昧なんですよね・・・

本体価格には別途工事費や諸経費は含まれない

本体価格にどこまで含めるのか会社ごとに違います。地盤調査・地盤改良、電気・ガス・給排水などの引き込み工事、外構工事などは別途工事と表現されるのが一般的ですが、微妙なのは照明器具やエアコン、カーテン。これらを本体価格に入れている会社と入れていない会社があるのです。

延床面積を施工面積で計算すると安くなる

「延床面積」というのは各階の床面積を合計した面積のことで、玄関ポーチやベランダ、吹抜け部分、ウッドデッキなどの面積は含まれません。一方「施工面積」というのは実際に施工した部分の面積になるため、延床面積には含まれない部分も面積に加算されます。しかも、どこまでを「施工面積」とするかは各ハウスメーカーによって基準が違うんですよ。

坪数が大きいほど坪単価は安くなる

たとえば(坪単価)60万円×50坪=3,000万円ですが、25坪なら1,500万円に!とはならないのです。なぜなら床面積が減ってもキッチンやバス、トイレといった住宅設備や運搬費、仮設費用、養生費用、人件費などの様々な費用が床面積に比例して小さくなるわけではないからです。なので面積が小さい家ほど坪単価が高くなります。

そもそも今観ている家は標準仕様なのか

住宅公園のモデルハウスは標準仕様ではなグレードアップしています。で、坪単価いくらですか?と聞くと標準仕様だと・・・みたいな話をします。しかもモデルハウスは50坪くらいあり、坪単価自体は安く表現されます。

そうこれらが坪単価30万円!っとアピールしている某有名ハウスメーカーのカラクリです。



坪単価に騙されるな!の話
まとめ

坪単価はあくまで目安、比較はプランの中身で!可能なら「この家と同じものを建てると時の総予算を教えてください」と聞くようにしましょう。

そして注意してほしいのは家を建てるのに必要な費用は、建築費だけではありません。仲介や登記、印紙などの税金、ローンの手数料や保険料など・・・様々な諸経費が必要になるのです。当り前ですが、これらは坪単価には含まれていませんのであしからず。

何か疑問に思うこと、相談にのってほしいことがあればお気軽にお声掛けください。

お問い合わせはこちらから

この記事を書いた人

編集長

勝村正輝MASAKI KATSUMURA
山梨家づくり新聞編集長

記事一覧


家づくりに
正解も間違いもありません。
あるのは自己満足だけ(笑)
でも自己満足で良いじゃないですか?
一生で一度の家づくりなので。

プロフィール
名前:勝村 正輝(かつむら まさき)
山梨県内の住宅会社を中心に活動する
フリーのライター兼デザイナー。
理想の家づくりを叶えた一人の施主であり、
元住宅の営業マン。
生まれ:1988年5月1日(娘と同じ誕生日)
住まい:甲斐市
好物:カツカレー、ピザ
趣味:カメラ、小説、漫画、アニメ、ボードゲーム、BBQ、お酒
特技:水泳(元山梨県記録保持者・全国5位)
家族:妻、息子、娘(令和元年初日に誕生)
性格:3人兄弟の末っ子ゆえの親しみやすい系
愛称:「カツ」「カツくん」「かっつん」